『ご当地キャラ博2021』開催にあたって

ご当地キャラ博2021は2月19日・20日に延期することとなりました。

当初、ご当地キャラ博の開催可否の判断基準として、9月30日現在で「全国どこかの地域で緊急事態宣言が発令されている。」、「滋賀県のコロナとのつきあい方滋賀プランがステージ3以上である。」のいずれかの条件を満たす場合は中止する。としておりました。

現在、大変残念な事に9月30日まで滋賀県下に緊急事態宣言が発令され、コロナとのつきあい方滋賀プランも一つ上のステージ4であることから、この基準通りに中止をさせていただく方向でしたが、全国の感染者数が急速に減ってきている状況や、ワクチン接種率の上昇、政府のコロナ対策の緩和に向けた方針の報道発表等をふまえ、再度この基準を検討させていただきました。

その結果、緊急事態宣言が解除され感染者数が減ったとしても、ワクチンの接種も10月中旬ではまだ希望する国民全てにいきわたる状況ではなく、10月から予定されている新型コロナ対策の緩和に向けた実証実験も飲食店や小規模イベント等からの実施で、ご当地キャラ博のような不特定多数が集まる大型イベントの実施は時期尚早であるとの意見から、今後のWITHコロナへの行動シフトも踏まえて状況を見極める必要があるため、10月の開催は見送り、せっかくここまで我慢してきたので、実施するなら感染に怯えることなく思いっきりキャラと触れ合っていただける状況での開催、まだ不安に感じておられる方々の不安が少しでも無くなり、多くの来場者が笑顔で楽しめる状態での開催ができる可能性がある2月に実施日の延期をすることとなりました。

2月の彦根は春前の少し寒い時期ではありますが、近年は天候も安定し日中は少し汗ばむ気候です。これからのコロナとのつきあい方の新たな方向性に対応した準備をし、皆様と笑顔で思いっきりキャラとのふれあいを楽しめるご当地キャラ博にしたいと考えておりますので、どうか今回の判断についてご理解、ならびにご容赦のほど宜しく願いいたします。

なお、今後もなお新型コロナ並びにその他感染症等でこの状況が変わることもございますので、予めご了承ください。

2021年9月24日
ご当地キャラ博in彦根実行委員会
会長 荒川 深冊