キャラプロフィール

つぶたん


出身地:羽曳野市駒ヶ谷地区のぶどう畑

解説

つぶたんとは・・・

羽曳野市の名所・特産品のPRをしているキャラクターである。

つぶたんは、駒ヶ谷駅西側公園のオープンを契機として、駒ヶ谷地区の特産品である'ぶどう'をイメージして誕生したキャラクターです。
お仕事は羽曳野市の名所や特産品のPRと子ども達たちを元気にすることで、特技はぶどうのお世話です。
ぶどうから産まれたので、きれいな水と空気が大好きで、雨と熱帯夜が苦手。
子どもたちが楽しんでいる場所や羽曳野市内の公園、ぶどう畑によく姿をあらわします。
そんなつぶたんの将来の夢は「みんなを笑顔にさせる、甘くておいしいぶどうになること」です。

過去の活動

イベントではステージにも上がります。 羽曳野市の特産品のPRもつぶたんのお仕事です。 つぶたんの仲間のちびつぶちゃんです。 つぶたんは子どもたちの笑顔も大好きです。 羽曳野市のぶどうで作ったワインのPR中です。 つぶたんの生まれた場所、羽曳野市のぶどう畑です。

地元PR

羽曳野市は大阪府の南東部に位置し、日本で二番目に大きい応神天皇陵をはじめとした古市古墳群を有する市です。
羽曳野という地名からも判るとおり、当市はヤマトタケルノミコトの白鳥伝説が残る地であり、また日本最古の官道とされる竹内街道と東高野街道という二つの歴史街道の交わる歴史ある町です。
特産品としては夏の味覚「ぶどう」や関西地区でもトップクラスの生産量を誇る「いちじく」、馬肉の燻製の「さいぼし」や牛の小腸を油で揚げた「油かす」を使った「かすうどん」などが有名です。

羽曳野市には道の駅しらとりの郷・羽曳野があります 春~秋にかけてコロコロふれあいパークでは毎月一回軽トラ市を開催しています。 軽トラ市では地元の特産品や農作物を販売しています。 羽曳野市では特にデラウエアが多く生産されています。 羽曳野市のいちじくで作ったジャムです。 百舌鳥・古市古墳群の政界遺産登録を目指しています。