ひでよしくん

は行 滋賀県

プロフィール

ひでよしくんとは・・・

長浜は秀吉公が初めて城持ちの大名となり、出世の礎を築いた所。その秀吉公をモデルに生まれたのが「ひでよしくん」です。
ちょんまげは、馬印である瓢箪の形をしていて、懐では信長様の草履を温めています。
CV(キャラクターボイス)は、長浜市声の観光大使・山口勝平さん!
長浜観光の魅力を全国にアピールしたいと奮闘しています!


   > 肩書:長浜観光PRキャラクター
   > 性別 :男の子
   > 出身地:滋賀県長浜市
   > 誕生日:1月1日


ご当地紹介

天正時代、琵琶湖の北岸地域を与えられた秀吉公は、拠点を山城の小谷から湖岸に移し、地名を長浜と改名しました。秀吉公にとって初めて城持ち大名となった地、長浜。「長浜城」は出世城として名が知られ、現在は歴史博物館となっています。
「長浜曳山まつり」は、秀吉公ゆかりのお祭り。7歳から12歳までの男の子達が山車の上で演じる子ども歌舞伎が、一番の見所です。
「長浜鉄道スクエア」の旧長浜駅舎は現存する日本最古の駅舎。現在は、鉄道博物館として往時の様子を伝えています。
「慶雲館」は明治時代に建てられ、庭園は国の名勝となっています。早春の長浜盆梅展の会場でもあります。
賤ヶ岳の戦いの舞台となった「賤ヶ岳」。琵琶湖八景のひとつとしても知られる景観が見事な所です。
長浜の郷土料理のひとつ「鴨料理」。長浜では多くの店で天然の真鴨を食料にしていることが特徴です。


関連リンク

   
   
タイトルとURLをコピーしました