あいづじげん

あ行 福島県

プロフィール

あいづじげんとは・・・

「あいづじげん」は、会津美里町出身と言われる江戸時代に活躍した慈眼大師(天海大僧正)にあやかろうと名付けられた。
体は町の創生をイメージした卵形で、目の周りのシルエットは町の形。
今は、会津美里町を全国に広めることに熱中している。
特技は、体の色を変えられること。
お酒と温泉がとても大好き。
火曜日には性格が豹変すると噂されているが、本人はよく覚えていないとのコト。


   > 性別 :ナイショ
   > 出身地:福島県会津美里町
   > 誕生日:平成17年10月1日

 


ご当地紹介

伊佐須美神社あやめ苑には、色鮮やかな150種10万株のあやめが咲き誇ります。
毎年6月15日から7月5日にあやめ祭りが開催されます。
四百年の伝統を誇る行事で重さ3トンの大俵を紅白に分かれて若者が引き合います。
紅が勝つと商売繁盛、白が勝つと豊作になるといわれています。
早朝まだ暗いうちから、瀬戸町通りいっぱいに露店が並ぶ中、多くの人が繰り出し、掘り出し物を探します。


   
   
タイトルとURLをコピーしました