ちょるる

た行 山口県

プロフィール

ちょるるとは・・・

ちょるるの名前は、山口弁の会話の語尾に使われる「ちょる」をアレンジしたもの。
頭は「山」、顔は「口」で、山口を表現しています。
体の色はグリーンが「山口の自然」、レッドは「山口の歴史」、オレンジは「山口のグルメ」をイメージし、全身で山口の魅力を伝えているよ!
・性格:明るく元気!でもちょっぴり恥ずかしがりや
・特技:投げキッス!、ダンス

 


   > 肩書:山口県PR本部長
   > 性別 :妖精なので、まだ謎
   > 誕生日:3月18日


ご当地紹介

本州の最西端に位置する山口県は、日本最大級のカルスト台地「秋吉台」やエメラルドグリーンの海に伸びる「角島大橋」、アメリカCNNの「日本の最も美しい場所31選」に選ばれた「元乃隅神社」等、絶景スポットがたくさんあります。
また、幕末に吉田松陰が主宰し多くの逸材を輩出した「松下村塾」や大内文化の最高傑作といわれる国宝「瑠璃光寺五重塔」、日本三名橋の一つ「錦帯橋」も有名です。
本場の「フグ料理」をはじめ、イカの女王とも呼ばれる「ケンサキイカ」、定番の人気グルメ「瓦そば」等、おいしいグルメも盛りだくさん!
様々な魅力あふれる山口県に、是非、お越しください。

 

   
   
タイトルとURLをコピーしました