真田幸丸

さ行 長野県

プロフィール

真田幸丸とは・・・

真田幸丸は「真田三代(幸隆・昌幸・幸村)の郷・信州上田」を広く世界にアピールすると共に、愛する故郷を明るく楽しく盛り上げるために誕生したゆるかっこいいキャラクターです!


   > 性別 :男子
   > 誕生日:2009年10月31日


ご当地紹介

上田市は、平成18年3月6日に上田市、丸子町、真田町、武石村が新設合併して誕生した、人口16万を擁する長野県東部の中核都市です。
市の中心を流れる千曲川右岸の旧市街は、戦国時代に真田氏が築いた上田城を中心とする城下町の面影が今なお多く点在しています。(真田幸丸生誕の地「うえだ原町一番街商店会」も上田城築城と共に真田昌幸によって作られた商人町がルーツ)
一方、千曲川左岸の塩田地域は鎌倉時代の執権北条氏の一族塩田北条氏の所領で、安楽寺、北向観音などの多くの文化遺産が残されており「信州の鎌倉」の異称で呼ばれると共に、信州最古の温泉「別所温泉」でも有名です。
また、北には菅平高原、南には美ヶ原高原と豊かな自然にも囲まれ、住む人・訪れる人が豊かで快適な時間を過ごすことができるまちを目指しています。


関連リンク

 

   
   
タイトルとURLをコピーしました