つぶたん

た行 大阪府

プロフィール

つぶたんとは・・・

つぶたんは、駒ヶ谷駅西側公園のオープンを契機として、駒ヶ谷地区の特産品である「ぶどう」をイメージして誕生したキャラクターです。
お仕事は羽曳野市の名所や特産品のPRと子ども達たちを元気にすることで、特技はぶどうのお世話です。
ぶどうから産まれたので、きれいな水と空気が大好きで、雨と熱帯夜が苦手。
子どもたちが楽しんでいる場所や羽曳野市内の公園、ぶどう畑によく姿をあらわします。
つぶたんの将来の夢は、「みんなを笑顔にさせる、甘くておいしいぶどうになること」です!


   > 肩書:羽曳野市ご当地キャラクター
   > 性別 :なし
   > 出身地:羽曳野市駒ヶ谷地区のぶどう畑
   > 誕生日:なし


ご当地紹介

羽曳野市は、古市古墳群をはじめとする先人たちの残した歴史遺産が数多く残っており、生駒・信貴・金剛・葛城山系に囲まれ、石川、飛鳥川の豊かな自然環境にも恵まれたまちです。
平成29年に認定された日本遺産「竹内街道」とあわせて、令和元年には「百舌鳥・古市古墳群」が、大阪府内で初めて世界遺産として登録され、世界遺産と日本遺産のあるまちとなりました。
特産品としては夏の味覚「ぶどう」やワイン、関西地区でもトップクラスの生産量を誇る「いちじく」、馬肉の燻製の「さいぼし」、牛の小腸を油で揚げた「油かす」を使った「かすうどん」などが有名です。


関連リンク

   
   
タイトルとURLをコピーしました